新生銀行

新生銀行は、東京都中央区に本店を置く普通銀行です。

公式サイトはこちら⇒http://www.shinseibank.com/

スポンサードリンク

新生銀行で口座開設をする方法

新生銀行で口座開設をする方法は4つあります。

1.インターネット

2.アプリ

3.電話

4.店舗来店

また、口座開設に必要なものは

・本人確認書類(免許証やパスポートなど)

・印鑑(忘れた場合はサインでも可)

です。

スポンサードリンク

新生銀行の銀行コード・支店コード

新銀行の銀行カードは0397です。

支店コードは各店舗のページに記載があります。

店舗検索はこちら⇒http://www.shinseibank.com/atm/tempo_index.html

こちらのページの地図や地域から各店舗を探すことができます。

欠く店舗のページには住所や最寄駅、営業時間、駐車場情報、取扱商品、取扱業務などの情報が載っています。

スポンサードリンク


 

新生パワーダイレクト インターネットバンキングのログイン方法

新生パワーダイレクトを利用するには新生総合口座パワーフレックスの開設が必要です。インターネットバンキングにログインするには、3桁の店番号、7桁の口座番号、4桁の暗証番号、パワーダイレクトパスワードが必要です。

 

インターネットバンキングログインはこちら⇒https://pdirect07.shinseibank.com/FLEXCUBEAt/LiveConnect.dll?EntryFunc&fldAppID=RT&fldTxnID=LGN&fldScrSeqNo=00&fldLangID=JPN&fldDeviceID=01&fldRequestorID=40

スポンサードリンク

新生銀行のATM

新生銀行のATMは各店舗のATMの他、提携ATMも利用できます。各店舗のATMや提携ATMを利用すれば、土日祝日や時間を問わず入出金手数料が無料で利用できます。

提携ATMは、セブン銀行ATM、コンビニATM E-net、ローソンATM、イオン銀行、PatSat、ビューアルッテ、ゆうちょ銀行、都市銀行全て、三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、あおぞら銀行、商工中金です。提携ATMによって利用時間や取扱内容に違いがあります。

スポンサードリンク

新生銀行の手数料

提携ATM利用手数料(1件あたり)
サービス内容提携金融機関ATM・コンビニATMなど
新生銀行キャッシュカードを
利用したお取引
お預け入れ無料
お引き出し
残高照会
新生銀行の手数料は、店舗や提携ATMを利用した場合、入金、出金、残高照会いずれも無料です。

振込手数料(1件あたり)
サービス内容窓口新生パワーコール新生パワーダイレクト
(インターネット)
振込手数料当行本支店宛617円
(1,000円)
308円/617円 *1無料
他行宛617円
(1,000円)
308円/617円 *1一定回数無料 *2
組戻し手数料515円 *3
(1,000円)
無料 *4一定回数無料 *2
*1事前登録先への振込の場合は308円。事前登録のない先への振込は617円(1日あたり50万円まで)。
*2新生パワーダイレクトでの他行宛振込は月1回(新生ステップアッププログラムのステージによっては月5回または月10回)まで無料となります。無料回数は毎月1日の午前0 時頃にリセットされます。振込手数料は、振込時に一旦手数料をお支払いいただき、該当回数分までを即時にキャッシュバックいたします。お手続き前に残りのキャッシュバック回数を必ずご確認ください。無料回数を超えるご利用についてはステージに応じて、1件あたり新生プラチナ103円/新生ゴールド206円/新生スタンダード308円の手数料がかかります。
*3他行宛振込の組戻しは月1回まで無料、2回目以降は1件あたり515円がかかります。新生銀行に口座をお持ちでないお客様は毎回1件あたり1,000円がかかります。
*4取扱いは他行宛振込の組戻しのみとなります。
新生銀行に口座をお持ちでないお客さまにつきましては、( )内の手数料が適用されます。

新生銀行の手数料ですが、提携ATM(提携金融機関ATM・コンビニATM)などで新生銀行のキャッシュカードを利用した場合、預入、引出し、残高照会のいずれも無料です。振込手数料はインターネットバンキングの新生パワーダイレクトの場合、新生銀行本支店宛は無料、他行宛の場合、新生ステップアッププログラムのステージによって異なりますが、1回から10回となります。新生パワーコールの場合は、事前登録先への振込の場合は308円、事前登録のない先への振込は617円となります。

 

スポンサードリンク


 

タイトルとURLをコピーしました